産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

  • 産後、体形がもどらない。
  • 骨盤がちゃんと元に戻るか心配

 ここでは骨盤が妊娠・出産でどのように変化して、産後どうやって元に戻るのかお話します。また、当鍼灸院で行っている、「産後のからだにやさしい骨盤矯正」について紹介します。

妊娠・出産で骨盤はどのように変化するのか?

 骨盤は、寛骨(かんこつ)、仙骨(せんこつ)、尾骨(びこつ)と呼ばれる骨で形成されています。

 3つの骨は、靭帯(じんたい)によってがっちりと繋がれているので、通常は、ほとんど変化しませんが、妊娠すると、赤ちゃんの成長に合わせて骨盤は形を変えます。出産の時期を迎えると、赤ちゃんが産道を通りやすいように、骨盤は大きく変化します。

 ここで言う変化とは、骨自体が形を変えるわけではありません。下図のように、左右の寛骨をつなげている恥骨結合(ちこつけつごう)や、仙骨と寛骨をつなげている仙腸関節(せんちょうかんせつ)の靭帯(じんたい)が緩むことで、骨盤が形を変えて赤ちゃんは産道を通過しやすくなるわけです。さらに、子宮などを支えている骨盤底筋などの筋肉も緩み出産を助けてくれます。

 妊娠中は、「リラキシン」と呼ばれるホルモンの作用によって、靭帯や筋肉などが緩み、骨盤が形を変えやすくなります。このホルモンは、妊娠すると分泌されはじめ、産後は徐々に減っていきやがて分泌されなくなります。

産後、骨盤はどうやって元に戻るのか?

 妊娠・出産によって変形した骨盤は、本来は、その人の「自己治癒力」によって元の状態に戻っていきます。出産でダメージを受けた靭帯や筋肉も、ケガが治るのと同じように、時間の経過とともに、自然と治っていくものです。

 出産後、骨盤が順調に回復するかどうかは、その人の自己治癒力の強さにかかっています。

骨盤を戻す対処方法は?

 昔は、「産後1ヶ月が床上(とこあげ)の時期」と言い、出産後1ヶ月位は布団を敷き、疲れたらからだを休めるようにしていました。今の時代、難しいことかもしれませんが、退院後もはりきって動きすぎたりせず、ゆっくりとからだを休めましょう。

 食事は冷たい物は控え、温かい物をとりましょう。腹巻きなどでからだを保温するのもいいです。そうすることで、「自己治癒力」がしっかり働き、骨盤は妊娠前の状態に戻りやすくなります。

 もし辛いときは、何か病気が潜んでいないか、病院で相談しましょう。

 骨盤の戻りが気になるときは、矯正用のインナーやベルト、産後体操などがあります。また、整体やカイロプラクテイックなど手技による矯正もあります。

 でも、産後のからだにはちょっと心配、という方には東洋医学の鍼灸治療という方法があります。鍼灸は、痛い、熱いというイメージがあるかもしれませんが、痛くも熱くもなく、産後のからだに優しく作用します。

産後のからだに優しい骨盤矯正

 はなもも鍼灸治療院では、「自己治癒力を高めることで、骨盤を元の状態に戻す」という施術を行っています。

 前述のように、本来、時間の経過とともに、妊娠前のからだに回復していくものです。

 でも、からだに「冷え」が生じると、「自己治癒力」は弱まってしまいます。

 お産は女性にとって一生の大仕事です。お母さんは、赤ちゃんを産むために精気(せいき)を使い、さらに、分娩にともなう出血は、気血の流れを乱し、一時的に大きな冷えを生じます。

 難産で精気の消耗が激しかったり、産後無理を続けていると、骨盤の回復は遅れてしまいます。

 産後の経過は様々ですが、根気よく冷えをとっていくことで、からだ全体のコンディションが整ってくると考えています。

 はなもも鍼灸治療院は、自然でからだに優しい骨盤矯正を心がけています。

骨盤矯正はいつからできる?

 鍼灸による骨盤矯正は、副作用もないので、退院したらすぐに受けていただけます。自己治癒力を高めて、骨盤、子宮や骨盤周りの筋肉など、からだ全体の回復を促しましょう。

 もちろん、妊娠中から鍼灸治を受けるのもいいでしょう。特に冷え性の方は、出産までに精気を充実させておくとよいでしょう。

card千葉県の「子育て応援!チーパス」カードをご利用いただけます。 カード提示で、施術料を500円引きさせていただきます。
ぜひご活用ください。
はなもも鍼灸治療院は、千葉県の「子育て応援! チーパス事業」に協賛しています。

料金のご案内へ

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日