妊娠中の便秘・下痢

妊娠中の便秘・下痢

 便秘下痢で悩んでいませんか?

 妊娠するとどうして便秘や下痢になりやすくなるのでしょうか。ここでは、原因と鍼灸ケアについてお話します。

東洋医学と西洋医学からみた原因

 西洋医学と東洋医学の両面から原因をお話します。

西洋医学に基づく原因

 妊娠するとからだの中では、プロゲステロンというホルモンがたくさん分泌されるようになります。

 このホルモンには、赤ちゃんの成長に合わせて子宮が大きくなれるように、子宮の平滑筋をゆるめる働きがあります。同時に、消化器の平滑筋もゆるめるため、腸の動きが鈍くなって、便秘になりやすくなるとされています。

 また、子宮が大きくなってくると、周りの腸を圧迫するために便秘になると考えられています。

 一方、下痢の原因は、はっきりとしていませんが、妊娠によるホルモンバランスの変動などの影響ではないかと推測されています。

東洋医学に基づく原因

 西洋医学では、ホルモンバランスの変化などが便秘や下痢の原因と考えられていますが、東洋医学では少し異なる視点からみています。

 ホルモンバランスが変動したり、子宮が大きくなることは、妊娠すれば誰のからだにも一様に起こることです。でも、妊婦さんが全員、便秘や下痢に悩まされるわけではありません。そこで、他に根本原因があると考えます。

 東洋医学では、便は、「熱の塊」と捉えています。

 もし、お腹が冷えると、からだは、これ以上冷やさないように、熱の塊(便)をとどめておこうとします。冷えは、赤ちゃんの発育にとって大敵だからです。お母さんのからだは、大切な赤ちゃんを冷えから守ろうとして、便秘になりやすくなると考えています。

 一方、下痢は、「水分をからだの外に出す」と捉えます。

 水分には、体温を吸収する作用があります。暑い季節は、上がった体温を下げるために、からだは、水分(尿)を体内にとどめようとします。夏になると、トイレの回数が減るのはこのためです。逆に、寒い季節は、体温を下げないように、水分(尿)を排泄しようとします。

 同様に、妊婦さんはからだが冷えると、これ以上冷やさないように、一生懸命、水分を排出しようとして下痢になりやすくなるわけです。

 便秘と下痢は、真逆の症状ですが、原因はどちらも冷えと考えています。原因が一緒なので、便秘と下痢を繰り返す妊婦さんがいることも頷けます。

 どちらの症状があらわれるか、あるいは、両方あらわれるかは、その人の持って生まれた体質や生活習慣によってさまざまです。

妊婦さんの便秘・下痢の鍼灸ケア

 東洋医学的にみると、便秘下痢も、冷えから赤ちゃんを守ろうとする、ごく自然な生理的反応です。ただし、下痢がひどくて、食中毒などが疑われる場合は、早めに病院でみてもらってください。

 はなもも鍼灸治療院では、根本的な原因は冷えにあると捉え、施術を行っています。

 妊婦さんは比較的暑がりなので、気づいていない方も多いようですが、知らず知らずのうちにからだの芯は冷えているかもしれません。

 便秘や下痢でお悩みの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

card千葉県の「子育て応援!チーパス」カードをご利用いただけます。 カード提示で、施術料を500円引きさせていただきます。
ぜひご活用ください。
はなもも鍼灸治療院は、千葉県の「子育て応援! チーパス事業」に協賛しています。

料金のご案内へ

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日