安産鍼灸ケア

安産鍼灸ケア

 「お母さんと赤ちゃんが健康で無事出産できること」を安産といいます。東洋医学では、「安産には温かいからだ」と言われてきました。 気血の良いめぐりは、からだを温かく保ってくれます。

 安定したマタニティライフをすごし、安産を迎えませんか。

*妊娠中・産後の鍼灸治療の安全性についてはこちらをご覧ください

妊娠中・産後に安心・安全な鍼灸治療

妊娠初期(0週~15週)の鍼灸ケア

 妊娠初期は胎盤が作られるとても大切な時期です。流産の90~95%はこの頃に起こります。第四月(12~15週)には胎盤が完成して流産の心配は少なくなります。

 また、妊娠初期は赤ちゃんの脳や骨、内臓など大切な部分が作り上げられていく時期ですから、お母さんの健康がとても大切です。

 妊娠初期の鍼灸ケアは、流産を予防する安胎(あんたい)、そして、つわりなどの症状を軽減してお母さんの健康を整えること、この2つが中心になります。

 *「安胎(あんたい)」とは東洋医学の用語で、「流産や早産を予防する」ことを言います。

妊娠中期(16週~27週)の鍼灸ケア

 胎盤が完成して、赤ちゃんとお母さんのからだは安定してくる時期です。

 赤ちゃんはお母さんから胎盤を通して、酸素や栄養をぐんぐん吸収していきます。内臓はそれぞれの位置に定まり、筋肉もつきはじめて、骨格がしっかりしてきます。

 一般に安定期と言われていますが、早産は全妊婦さんの約5%に起こります。心配しすぎる必要はありませんが、無理をしないように心がけましょう。

 妊娠中期の鍼灸ケアは、赤ちゃんに十分な血液(酸素と栄養)が届くように、骨盤内の血行を促進する鍼灸治療を施します。赤ちゃんの健やかな発育と早産予防をサポートします。

妊娠後期(28週~39週)の鍼灸ケア

 お腹の中の赤ちゃんはめざましい成長をとげます。妊婦さんによっては腰や股関節などの痛み、お腹の張り、便秘・下痢など悩ましい症状があらわれる場合があります。

 赤ちゃんが上を向いていると、病院で逆子と言われるのもこの時期です。

 妊娠後期の鍼灸ケアは、気血のめぐりを良くして治癒力を高め、悩ましい症状を和らげたり、予防したりします。

 出産に向けてお母さんのからだを整え、赤ちゃんの発育をサポートします。気血のめぐりがいいと、安産になりやすく、産後の回復もスムーズです。

 はなもも鍼灸治療院は、安産を迎えるお手伝いをいたします。ご希望の妊婦さんは、ぜひ一度、ご相談ください。

ご家庭でできるケア

1.昔から安産が期待できると言われている、三陰交(さんいんこう)というツボがあります。三陰交(さんいんこう)は、足の内くるぶしから、指4本分上がった骨際にあります(下図)。左右のツボに各々1個、1日1回お灸をします。

 ご家庭でのお灸は、妊娠25週以降から始めましょう。ドラックストアなどで家庭用のお灸(せんねん灸、カマヤ灸など)が購入できます。

 *体調がすぐれない時はお休みしましょう。

 *食事と入浴の前後30分は避けましょう。

 *わからないことは気軽にお尋ねください。

2.妊娠すると、大切な赤ちゃんを育むために、お母さんの体温は高くなります。このため、妊娠中は冷たいものが美味しく感じる方が多いようです。つわりの時期は難しいですが、落ち着いたら身体を冷やさないようにこころがけましょう。

 できたら、温かいお白湯も続けたいですね。

card当院では、千葉県の「子育て応援!チーパス」カードをご利用いただけます。 カード提示で、施術料を500円引きさせていただきます。
ぜひご活用ください。
はなもも鍼灸治療院は、千葉県の「子育て応援! チーパス事業」に協賛しています。

料金のご案内へ

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日