自律神経失調症

自律神経失調症

 ストレス社会といわれる昨今、自律神経失調症に悩まされている人は意外と多いのではないでしょうか。

 ここでは、自律神経失調症と当鍼灸院で行っている施術について詳しくお話しします。

自律神経失調症とは

 自律神経失調症とは、「自律神経のバランスが乱れることで、からだに色々な不調があらわれる状態」をいいます。

 「肩が凝り、頭がズキズキする」「胃がムカムカして調子が悪い」「夜なかなか寝つけない」「全身がだるくて何もする気がしない」「歩くとフラフラする」、これらはどれも自律神経失調症の代表的な症状です。

 自分ではこれといった原因は思い当たらず、病院で検査を受けても異常はみつかりません。このような場合、“自律神経失調症”の疑いがあります。

自律神経とは

 自律神経失調症をより深く理解するために、自律神経とはどのような神経なのか見ていきましょう。

 まず、神経には体性神経と自律神経があります。

 体性神経は、手や足を自分の意思で動かすための神経です。

 一方、自律神経は消化器を動かしたり、体温調整をしたり自分の意思とは関係なく働く神経で、普段無意識にしている呼吸、循環、消化、排泄、発汗、体温調整、睡眠などをコントロールしています。

 つまり、自律神経は生命を維持するために、重要な働きをしている神経といえます。

 自律神経には、交感神経副交感神経の2種類の神経があります。

 2つの自律神経は、副交感神経が血管を拡張して血行を良くし、交感神経は血管を収縮して血行を穏やかにするなど正反対の働きをしています。

 また、交感神経は仕事やスポーツの時に心臓の拍動や血圧を高めて、精神活動を活発にします。主に、活発に働く神経です。

 副交感神経は睡眠、休息をとるときに働く神経で、心臓の拍動を静め、精神活動を休めます。主に、優位になる神経です。

 自律神経は感情の変化にも反応します。緊張したときや驚いたときは、交感神経が亢進して心臓がドキドキします。緊張から解放されたときは、副交感神経が優位になり、心拍は下がり気持ちが落ち着きます。

 このように2つの自律神経(副交感神経と交感神経)が24時間、365日休まずバランスをとりあって、身体の働きを安定的に調整しています。

 健康な毎日を過ごすには、相反する働きをする交感神経副交感神経のバランスが保たれていることがとても大切です。

自律神経失調症の症状

 自律神経は体の全ての器官をコントロールするいわば制御装置です。

 ですから、この制御装置の乱れから起こる自律神経失調症の症状は、頭、耳、目、皮膚、消化器、循環器、生殖器など、からだのいたる所にあらわれます。

 疲れが取れない、よく眠れない、食欲がない、手足がむくみ冷える、肌が荒れる、肩が凝る、腰が痛い、頭が重い、のぼせる、めまいがするなど、あげていったらきりがないほどです。

 さらに、不安になる、イライラする、やる気が起こらないなど、精神面に出ることもあります。

 これらの不調は、複数重なってあらわれることも珍しくありません。日によって変化したり、出たり消えたりすることもあります。

 つまり、自律神経失調症にはこれという定番があるわけではなく、その人の体質や性格、生活習慣、生活環境などによってあらわれる不調もそのあらわれ方も実に様々です(下図)。自律神経失調症にあらわれる不調の図

 自律神経はホルモン分泌とも深い関係があるため、特に、50歳前後の女性に自律神経失調症はあらわれやすくなります。

 具体的には、女性は更年期が近づくにつれて、生理周期が乱れ、女性ホルモンの分泌量が減少してきます。このホルモン分泌の低下が、自律神経失調症を引き起こすきっかけになります。

 ちなみに、更年期に起こるこれらの不調は更年期障害と呼ばれています。

 一方、更年期でなくても自律神経に失調をきたすと、それがホルモン分泌に影響を及ぼし、生理不順不妊症を招くきっかけになります。

自律神経失調症の原因

 ストレス自律神経を乱す、最大の原因です。ストレスのレベルがその人の許容量を超えた時に、自律神経失調症は発症します。

 ストレスには、身体的ストレス精神的ストレスがあります。

 身体的ストレスは、自分の身の周りに起きる様々な状況をからだが負担として感じるもので、不規則な生活習慣、夜更かし、過剰な運動や残業による極度の疲労をはじめ、気温や気圧の急激な変化、季節の変化なども要因になります。

 一方、精神的ストレスは、心が負担に感じるもので、怒りや悲しみ、プレッシャーなどの感情を伴います。たとえば、職場や地域の人間関係は楽しい反面、摩擦なども生まれます。また、病気や離婚、転勤、失業といった状況は不安や不満といった感情を生み出し、心の負担になります。

 なにも悪い出来事だけが、ストレスを生じるわけではありません。妊娠や出産という喜ばしい出来事であっても、将来への漠然とした不安や出産による急激な体力の消耗から、心と体の両方にストレスを受けることもあります。

 会社での昇進や引っ越しなども、人によってはストレスになる場合があります。

 でも、似たような生活環境で暮らし、同じようなストレスにさらされていても、自律神経失調症になる人とならない人がいるように、ストレスだけが原因というわけではありません。

 自律神経失調症の発症には、その人の性格体質体調なども影響しています。

 たとえば、会社で大きな仕事を任されたとき、「新しいことにチャレンジできるいいチャンス」ととらえるか、「面倒なことになった」と思うかで、この状況がストレスになるどうかは大きく変わってきます。

 もちろん、このような考え方の違いは、性格によるものだけではなく、その日の体調や気分によっても左右されます。

 また、「低気圧が近づくと、頭が痛くなったり肩がこったりする」という人がいますが、これは、天気の変化に自律神経が過敏に反応する体質で、最近は、気象病とか天気病と呼ばれています。

 これには遺伝的要素があり、両親や兄弟など近親者に同様の症状を抱えている人も少なくありません。

 このように、自律神経失調症の発症には、その人の性格や体質、体調なども影響しているのです。

 そしてもう1つ、自律神経失調症の発症に関与しているものがあります。

 それは、ストレスに対する抵抗力の強さです。

 風邪をひくかひかないかに個人差があるように、ストレスに対する抵抗力も人によって異なります。

 また、身体的ストレスには強いけど、精神的ストレスには弱いというように、個人の中でもストレスへの抵抗力は様々です。

 ここでいう抵抗力とは、ストレスを感じた時に体内で働く機能のことを言います。

 たとえば、ストレスを受けると、からだの中では副腎皮質ホルモンというホルモンが分泌されてストレスに対抗しようとします。

 このような機能がしっかり働いている人は抵抗力が強く、許容できるストレスレベルも高いといえます。

 みなさんの周りにもいると思いますが、毎晩、夜更かししても平気という人は、身体的ストレスに対する抵抗力がとても強いわけです。

 でも、どんなにストレスに強い人でも限度はあります。

 ストレスに長期間さらされれば、抵抗力は疲弊し、やがて自律神経は乱れてきます。

 身の回りで起こる出来事や置かれている状況に、個人の性格や体質、体調などが複雑に絡みあってストレスは生じ、蓄積していきます。

 そして、ストレスレベルがその人の抵抗力(許容量)を超えたとき、自律神経失調症は発症するのです。

自律神経失調症の対処方法

 自律神経は、ライフスタイルの影響を受けやすいとても繊細な神経です。ですから、自律神経失調症を改善するには、規則正しく生活することが大切です。

 人は古来より、日の出とともに起きて、日没とともに眠るという生活を送ってきました。

 昼は活動し、夜は休息するというスタイルが人間本来の生活リズムで、自律神経もこれに則って働くメカニズムになっています。

 しかし、実際には夜遅くまで仕事をせざるを得ないという人や、昼夜が逆転した生活を送っている人が少なくありません。就寝時間や起床時間が不規則で、食事の時間帯もバラバラという人もいます。

 このような生活を続けていたら身体的ストレスが溜まり、自律神経のバランスが崩れるのも当然です。

 乱れた自律神経を整えるには、人間本来のリズムに近づけることが一番です。

 それには、どうしたらいいのでしょう。

 まず、朝は、太陽を浴びて一日のスイッチを入れましょう。

 人のからだは、太陽光を浴びてから、およそ14時間後に睡眠ホルモンが分泌される仕組みになっています。

 毎朝、このしくみをオンにしましょう。

 自律神経を整えるためには、多少睡眠不足でも、できるだけ決まった時間に起き、朝食をとってからだを目覚めさせることが大切です。

 昼間は、活動的にからだを動かし、交感神経を優位にはたらかせましょう。忙しくても昼食を抜いたりせず、しっかり食べてください。

 夜は、リラックスする時間をつくりましょう。スマホの電源はオフにして、副交感神経優位に切り替えてください。

 夕食は、からだを温める食事がオススメです。入浴は、ぬるめのお湯にゆっくりつかり、さめないうちに就寝しましょう。

 このような人間本来の規則正しい生活を送っていれば、自ずと自律神経は整ってきます。

 とはいうものの、毎日規則正しい生活を送ることは難しいという人は、大まかな起床時間と就寝時間、食事の回数、リラックスする時間を意識するだけでも自律神経失調症の克服に一歩近づきます。

 休日の過ごし方もとても大切です。

 いくら忙しいからといっても、仕事に追い立てられてばかりでは、からだも心も疲れてしまいます。

 休みの日は心身ともにリラックスして十分な休養をとりましょう。

 大切なことは、からだを休めるだけではなく、こころもリフレッシュして精神的ストレスを和らげることです。

 でも、休養をいっぱいとるからといって、朝寝坊しすぎると生活のリズムを乱すもとになります。休日の前夜は早く就寝して、朝、早く起きることがリフレッシュにつながります。

 たまには、博物館や美術館、映画館などに出かけて、気分を変えるのもいいでしょう。

 また、スポーツや趣味を楽しむのもおすすめです。ハイキングやジョギング、ゴルフなどで軽く汗を流す、ガーデニングで庭にきれいな花を植える、好きな音楽を聴くなど、なんでもかまいません。仕事から離れて休日を心から楽しみましょう。

 適度なアルコールはストレス発散に役立ちますが、飲みすぎは逆効果です。休日はついつい量が増えてしまいがちです。お酒はほどほどにしましょう。

 食習慣にも気をつけたいものです。朝食抜きや偏食は心身のバランスを崩す要因になります。

 とくに自律神経失調症の人は、1日3食、バランスのとれた食事を心がけましょう。栄養素をまんべんなく摂ることで、からだの調節機能がととのえられるからです。

 「栄養素をまんべんなく」といっても難しく考える必要はありません。穀物(ごはんやパンなど)、肉・魚、野菜の配分さえしっかりしていれば、たいていの栄養素は補給できます。

 一般に、1日の食品は30種類とることが理想です。

 これは、料理に使われている食材の数ですが、マヨネーズやバターなども1品目に数えて下さい。

 一日の食事に30品目が含まれていれば、だいたいの栄養素は自然にとれるので、単純に1食10品目を目安にするといいでしょう。

 外食が多い人は、定食など品数の多いメニューを選んでください。

 自律神経が乱れている人に、特に、お薦めしたい栄養素は、タンパク質ビタミンCビタミンB1です。

 乳製品や卵、大豆、魚、肉などの良質なタンパク質は前述した副腎皮質ホルモンの機能を高めてくれるので、ストレス耐性が高まります。

 ビタミンC副腎皮質ホルモンの原料です。リンゴやミカン、イチゴ、玉ねぎ、ブロッコリーなどに多く含まれているので積極的にとりましょう。

 一方、ビタミンB1はエネルギー源になる糖質の代謝を高めるほか、神経の働きを活発にする作用があります。豚肉、ニンニク、玉ねぎなどに多く含まれています。

 これらの食材も加えて1日30品目を目指しましょう。

 自律神経失調症による不調は、自律神経のアンバランスが解消されれば回復します。でも、別の病気でもよく似た症状があらわれることがあります。

 症状が当てはまるからといって「自分は自律神経失調症に違いない」と自己診断せず、不調が長引く場合は、早めに病院で診てもらいましょう。

 病院によっては薬を処方してくれますが、副作用が気になる人や、服用してもあまり変わらない人には、東洋医学の鍼灸漢方薬という方法もあります。

 漢方薬は植物など自然のものを原料にしているので、副作用の心配は少ないです。ただし、からだに合わないものを服用すると副作用があらわれることもあるので、必ず漢方医に処方してもらいましょう。

 鍼灸は、ツボと呼ばれるところに鍼やお灸を施すことで、自律神経失調症の諸症状を緩和します。副作用の心配はありません。

 程度が軽ければ、ツボ押し(指圧)で済むこともあります。場所を選ばず自分で手軽にできるので、一度、試してみてはいかがでしょうか。

 自律神経失調症におすすめのツボは心包区です。

心包区

 手掌には多くのツボが密集しています。その中で自律神経失調症に良いのは、心包区と言われる部分です。手掌のほぼ中央で、中指と人差し指のまたの間から約2㎝下がったあたりから始まる部分です。

 押して圧痛があるところを、親指の腹で軽く円を描くようにして、気持ちの良い程度の力で押しもみしてください。

 「無理が続いて自律神経が疲れているかも」というような時にもおすすめのツボです。

自律神経失調症の施術

 当鍼灸院では、自律神経失調症による不調を和らげる「対症療法的な施術」と、“健康ではつらつとしたカラダ”を取り戻す「根本治療的な施術」を行っています。

 具体的には、前章で紹介した心包区に加えて、めまいや頭痛、肩こり、イライラ、倦怠感などのツボを駆使して、まずは、今悩まされている不調をいち早く鎮めていきます。

 さらに、自律神経失調症の根本原因を解消して、本来の健康なからだを取り戻します。

 時々、「色々試してみたけれども一向に良くならない」、あるいは、「一度よくなったと思っても再発してしまう」と言う人がいますが、これは、根本原因を取り除く施術を受けていないためと考えられます。

 どんな病気でも原因が解消されなければ治りません。

 たとえ、一時的に良くなったとしても、根本原因がからだに残っていれば、いずれ再発します。

 ですから、自律神経失調症を克服するには、根本原因を解消することが重要なのです。

 当鍼灸院で取り入れている積聚治療(しゃくじゅちりょう)では、病の原因を一元的に考え「冷え」と捉えています。

 ただし、ここでいう冷えとは、単に冷たいということではなく、「精気の虚」、つまり、「生命力の消耗」を意味しています。

 病は、その人の生命力が低下して、からだに備わっている機能が正常に働かなくなることで起こります。

 生命力は生体のエネルギー源です。エネルギーが不足すると、からだに備わっている機能は正常に働かなくなり、その結果、様々な症状があらわれます。

 わかりやすい身近な例に風邪があります。私たちはいつも風邪ウイルスに囲まれて生活していますが、普段は、からだに備わっている免疫機能が働いて、体内に侵入してきた風邪ウイルスを退治しています。

 ところが、風邪をひくことがあります。

 それは、仕事や家事などで無理を続けた時です。

 からだに無理を強いる生活は、生命力(エネルギー)を余計に消耗します。

 エネルギーが不足した結果、免疫機能が低下し、風邪をひいてしまうわけです。

 自律神経失調症も同様です。

 どんなにストレスに強い人でも、限度はあります。過度なストレスにいつもさらされていれば、生命力を余計に消耗してしまいます。

 生命力の消耗によって、ストレスに抵抗する機能、つまり、抵抗力が低下してしまうと、自律神経失調症を発症することになるのです。

 生命力の消耗がどの機能に影響して、どんな病が引き起こされるのかは、その人の生まれ持った体質や生活環境によって様々です。

 重要なのは、病の原因は生命力の消耗に帰着する、ということです。

 当鍼灸院では、自律神経失調症の根本原因を「生命力の消耗」と捉え、生命力を回復する施術を行っています。治療の様子

 本来の生命力が戻れば、自律神経は正常に働きはじめ、自律神経失調症は自然に解消されます。もちろん、抵抗力も高まり、再発しにくいからだに変わっていきます。

 今悩まされている症状をいち早く和らげる施術と、自律神経失調症の根本原因を解消する施術、この2つを組み合わせて自律神経失調症の克服を目指しています。

 自律神経失調症でお悩みの方、よくなったと思っても再発してしまう方、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

 長引く不調に別れを告げて、“健康ではつらつとした自分”を取り戻しましょう。

参考文献:続・積聚治療 医道の日本社、自律神経失調症を治す本 ナツメ社、自律神経失調症 高橋書店

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日