自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症とは?

 特に原因は思い当たらないのに、「頭が重くてだるい」「なんとなく気持ちが落ち込む」「手足が冷える」「よく眠れない」…これら原因不明の訴えを「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といいます。病院で検査を受けても原因はわかりません。

 不定愁訴の多くは、内臓などの病気によるものではなく、その人の生活習慣やストレスなどによって、からだの働きをコントロールしている自律神経の調子が乱れるために起こるものです。

 不定愁訴を訴える人は昔からいましたが、病名はありませんでした。

 これに名前がつけられたのは1961年、東邦大学で内臓などの異常(器質的疾患)のない不定愁訴を自律神経失調症と呼ぶようになり、これが医師の間で広まりました。

 その後、日本心身医学会が「検査しても異常は見当たらないのに、種々の不定愁訴を訴える状態」を「自律神経失調症」と暫定的に定義しました。

 ただし、国内ではまだ正式な病名として認められているわけではないようです。

自律神経ってどんな神経?

 まず、神経には体性神経自律神経があります。

 体性神経は、手や足を自分の意思で動かすための神経です。

 一方、自律神経は消化器を動かしたり、体温を調整したり自分の意思とは関係なく働く神経で、普段無意識にしている呼吸、循環、消化、排泄、発汗、体温調整、睡眠などをコントロールしています。

 自律神経は生命を維持するための重要な働きをする神経です。

 そして、自律神経には、交感神経副交感神経があります。2つの自律神経は、副交感神経が血管を拡張して血行を良くし、交感神経は血管を収縮して血行を穏やかにするなど正反対の働きをしています。

 また、交感神経は仕事やスポーツの時に心臓の拍動や血圧を高めて、精神活動を活発にします。主に、活発に働く神経です。

 副交感神経は睡眠、休息をとるときに働く神経で、心臓の拍動を静め、精神活動を休めます。主に、優位になります。

 自律神経は感情の変化にも反応します。緊張したときや驚いたときは、交感神経が亢進して心臓がドキドキします。緊張から解放されたときは、副交感神経が優位になり、心拍は下がり気持ちが落ち着きます。

 このように2つの自律神経(副交感神経と交感神経)が24時間、365日休まずバランスをとりあって、身体の働きを安定的に調整しています。

 健康な毎日を過ごすには、相反する働きをする交感神経副交感神経のバランスが保たれていることがとても大切です。

自律神経は繊細な神経

 自律神経は、生活のリズムや感情、環境などの影響を受けやすいとてもデリケートな神経です。

 そのため、急激な変化が起こると、交感神経と副交感神経の絶妙なバランスが保てなくなることがあります。

 自律神経の仕組みからすると、昼間は活動するために交感神経が働き、夜は休息のために副交感神経が働くのが正常といえます。

 ところが、夜更かしを続けたり、心配事などの精神的ストレスが続いたりすると、2つの神経の切り替えが上手くいかなくなり、様々な不調があらわれ始めます。

自律神経失調症はどんな不調があらわれるの?

 では、具体的にどのような不調が起こるのか見ていきましょう。

 自律神経は体の全ての器官をコントロールするいわば制御装置です。

 ですから、この制御装置の乱れから起こる自律神経失調症の症状は、頭、耳、目、皮膚、消化器、循環器、生殖器、精神面など、からだのいたる所にあらわれます。

 疲れが取れない、よく眠れない、食欲がない、手足がむくみ冷える、肌が荒れる、慢性的に肩が凝る、腰が痛い、頭が重い、イライラする、のぼせる、めまいがするなど、あげていったらきりがないほどです。

 さらに、不安になる、イライラする、やる気が起こらない…など、精神面に出ることもあります。

自律神経失調症にあらわれる不調をまとめた図

 これらの不調は、複数重なってあらわれることも珍しくありません。日によって変化したり、出たり消えたりすることもあります。

 つまり、自律神経失調症にはこれという定番があるわけではなく、その人の体質や性格、生活習慣、生活環境などによってあらわれる不調もそのあらわれ方も実に様々です。

女性にみられる不調

 自律神経はホルモン分泌とも深い関係があります。

 そのため、特に50歳前後の女性に自律神経失調症があらわれやすくなります。

 女性は更年期が近づくにつれて、生理周期が乱れ、女性ホルモンの分泌量が減少してきます。

 このホルモン分泌の低下が、自律神経失調症を引き起こすきっかけになります。

 からだや心に様々な不調があらわれ、更年期障害と呼ばれています。

 また、更年期でなくても自律神経に失調をきたすと、それがホルモン分泌に影響を及ぼし生理不順不妊症を招くこともあります。

なぜ、自律神経失調症になるの?

 自律神経失調症は自律神経のバランスが乱れることで起こりますが、「なぜ、自律神経のバランスが乱れるのか」その原因は一言では説明できません。

 なぜなら、自律神経はとても繊細でちょっとしたことでもバランスを失いやすい神経だからです。

 その要因をあげると、社会環境や自然環境などの「外敵要因」と、その人の体質や性格などの「内的要因」に分けることができます。

【外的要因】

  • ・季節の変化
  • ・気圧や気候
  • ・地震などの災害
  • ・職場環境
  • ・生活環境
  • ・対人関係
  • ・生活習慣 など

 自律神経は気候や気圧の変化にも反応します。季節の変わり目や天気の悪い日に体調を崩す人が少なくないのは、このためです。

 会社の昇進や身近な人との死別、他人とのトラブルなどをきっかけに自律神経を乱す人もいます。

 また、頻繁に徹夜したり、昼夜が逆転した生活を続けていたりすると、自律神経のバランスはだんだんと崩れてきます。

 様々な外的要因が身体的・精神的ストレスとなって、自律神経にダメージを与えています。

【内的要因】

  • ・体質、性格
  • ・考え方や受け止め方 など

 自律神経を乱す内的要因としては、まず、「体質」があります。

 自律神経の大敵“ストレス”に生まれつき弱い体質は、自律神経失調症になりやすいタイプと言えます。

 体質は遺伝するので、もし親がそうだとすると注意が必要です。

 当鍼灸院を訪れる方を見ていると、「低気圧が近づくと体調が悪くなる」など、自然界の刺激(ストレス)を受けやすい人に遺伝的要素が強いように思えます。

 また、思春期や更年期は、だれでも自律神経のバランスを乱しやすい時期です。もし、ホルモン分泌の変化にからだが対応できないと、自律神経はバランスを失いやすくなります。

 自律神経失調症は「体質」にもよりますが、それよりも大きな要因は「性格」です。

 頼まれると嫌と言えなかったり、何事にも生真面目に取り組まないと納得できなかったり、あまりにも責任感が強すぎると精神的ストレスは増えてきます。

 気持ちの切り替えが苦手な人、あれこれ考え過ぎたりする人も要注意です。

 以上のように、外的要因や内的要因から身体的・精神的ストレスが生じ、それに耐えきれなくなると自律神経はだんだんと乱れてくるわけです。

 つまり、自律神経失調症は、身体的ストレスと精神的ストレスが複雑に絡み合い、その人の許容範囲(抵抗力)を超えた時に引き起こされます。

 ストレスに対する抵抗力は人により異なりますが、ストレスをどう解消していくか、あるいは、抵抗力をどう高めていくかが、自律神経失調症にならない大きなポイントと言えそうです。

自律神経失調症にお薦めのツボ

 ここでは、自律神経失調症のツボの中から、ご家庭でも手軽にお使いいただけるものを紹介いたします。

心包区

 手掌には多くのツボが密集しています。その中で自律神経失調症に良いのは、心包区と言われる部分です。手掌のほぼ中央で、中指と人差し指のまたの間から約2㎝下がったあたりから始まる部分です。

 押して圧痛があるところを、親指の腹で軽く円を描くようにして、気持ちの良い程度の力で押しもみしてください。

 「無理が続いて自律神経が疲れているかも」というような時にもおすすめのツボです。

自律神経失調症の施術

 前述のように、様々な要因から生じる身体的・精神的ストレスが、その人の抵抗力を超えると自律神経失調症は引き起こされます。

 抵抗力の強さは人によって異なりますが、どんなに強い人でも過労や睡眠不足などが続いたら抵抗力は弱まり、やがて自律神経のバランスは乱れてきます。

 そこで、まずは、低下してしまった抵抗力を回復させることが、施術の大事なポイントになります。

 さらに、調整力もです。

 調整力とは、「自律神経のバランスを整える力(機能)」と言うと分かり易いでしょうか。

 本来、自律神経は生命活動を維持するとても大切な神経なので、もし、何かをきっかけにバランスが乱れたとしても、それを整える力(機能)が人には備わっているはずです。

 それを調整力と呼んでいます。

 自律神経失調症に悩まされている方は、何らかの理由で調整力が低下してしまったため、一度乱れたバランスを元の状態に戻すことができなくなっていると思われます。

 つまり、自律神経を整え直すためには、その人のからだに備わっている調整力抵抗力を高めてあげることが重要です。

 そのためには、それらが低下してしまった原因に対して施術を施す必要があります。

 当鍼灸院で取り入れている積聚治療では、「精気の消耗」がその原因と考えています。

 精気(せいき)とは生命エネルギーみたいなものです。

 その人が生まれながらに持っている生命力で、調整力や抵抗力の源(みなもと)になるエネルギーです。

 精気が充実している人は、調整力も抵抗力も強いと言えます。

 ところが、人生では往々にして精気を激しく消耗するようなことが起こります。人生は決して平坦ではありません。

 例えば、一生懸命努力したのに仕事が上手くいかなかった時、将来に対する不安・恐怖・家族の心配などが大きくのしかかった時、また、不規則な生活や睡眠不足が続いた時などです。

 「精気の消耗」は、それをエネルギー源にして働いている調整力抵抗力の低下を招き、その結果、自律神経はバランスを失うことになります。

 当鍼灸院では「精気の消耗」が自律神経失調症を招く大きな原因と捉え、そこに着目した施術を行っています。

 鍼とお灸を使って精気を補い、低下してしまった調整力と抵抗力を活性化していきます。

 あなたのからだに備わっている力を強化し、再発しにくいからだに導くことを最終目標にしています。

 自律神経はご自身の努力だけでは回復が難しい場合があります。そんな時、はなもも鍼灸治療院はお手伝いをします。

 自律神経失調症でお困りの方は、是非一度、当鍼灸院の施術をお試し下さい。

参考文献:続・積聚治療 医道の日本社、自律神経失調症を治す本 ナツメ社

お気軽にお問い合わせください

関連するページ


住所:
〒284-0001
千葉県四街道市大日299-2

電話番号:
043-376-1535

受付時間:
9:00~12:00/14:00~18:00

休診日:
木曜日・日曜祝祭日